契約社員と正社員|コラム|コラム|豊島区池袋・新宿の社会保険労務士業務は大塚労務事務所|助成金・就業規則等はお任せ下さい

tel:0120828316 メールお問い合わせ

コラム

HOME  > コラム  > コラム  > 契約社員と正社員

契約社員と正社員

運送大手ハマキョウレックス事件では、
契約社員と正社員に支給する手当の格差が違法とされ、
損害賠償が命じられる判決が最高裁で出されました。
同時期に争われた神奈川県の運送会社・長澤運輸事件では、
定年後再雇用されたドライバーが会社を相手取り「定年により給与が下がるのは違法」と訴え、
高裁差し戻しの判決となりました。
「同一労働同一賃金」の動きがある中、非正規社員への給与の支払い方には今後ますます注意が必要です。

≪労務管理上のポイント≫
この判決を読み解くと、
「契約社員の賃金格差についてはより厳しい目が向けられる一方で、
定年後の再雇用者に対してはある程度の賃金の差が容認される」という傾向がありそうです。
また皆勤手当や精勤手当など、「出勤者を確保する目的の手当」については
賃金格差を設けることが違法とされやすいが、
住宅手当は転勤や出向がある正社員と転勤のない契約社員に差をつけることの妥当性が認められやすい傾向がありそうです。

詳しくはこちらまで。
0120-82-8361[豊島区池袋・新宿区の社会保険労務士 大塚労務事務所 担当:大塚]
http://www.sr1-otuka.jp/contact/