H31年4月から36協定のフォーマットが変わります。|コラム|コラム|豊島区池袋・新宿の社会保険労務士業務は大塚労務事務所|助成金・就業規則等はお任せ下さい

tel:0120828316 メールお問い合わせ

コラム

HOME  > コラム  > コラム  > H31年4月から36協定のフォーマットが変わります。

H31年4月から36協定のフォーマットが変わります。

働き方改革法案成立に伴い、早速来年4月から36協定の様式が変わります。

新しい届け出方式は2つ。
まず大きな変更点として、
「通常の36協定」と「特別条項付きの36協定」の
届出方法が区分されることとなりました。

「特別条項付き」とは、
法定時間外労働の限度時間を超える場合に
特別な申し立てをするものですが、
通常の36協定届である「限度時間内の時間外労働についての届出書」に加えて、
「限度時間を超える時間外労働についての届出書」を
別途届け出ることになりました。


そのほか、協定様式内に「上記で定める時間数に関わらず、
時間外労働および休日労働を合算した時間数は、
1箇月について100時間未満でなければならず、
かつ2箇月から6箇月までを平均して80時間を超過しないこと」
という文言が加えられ、
この文言箇所にチェックをつけないと
協定の有効性が否定されることとなりました。

平成31年4月1日以降に届出する36協定について、
新様式により行わなければなりません。
直前に焦らないように、事前に労働者側との協議を進めると良いでしょう。
※顧問先企業の皆様には余裕をもって弊社から書類を送らせて頂きます。

詳しくはこちらまで。初回無料相談実施中!
0120-82-8361[豊島区池袋・新宿区の社会保険労務士 大塚労務事務所 担当:大塚]
http://www.sr1-otuka.jp/contact/