2018年08月|コラム|豊島区池袋・新宿の社会保険労務士業務は大塚労務事務所|助成金・就業規則等はお任せ下さい

tel:0120828316 メールお問い合わせ

コラム

HOME  > コラム  > 2018年08月

2018年08月

育児復帰をどう受け入れるか?

育児復帰をどう受け入れるか?

働き方改革の流れにより、 育児と仕事を両立したい社員が職場復帰するための環境整備は ますます求められるようになっています。 しかし現実には、 「社員が育児と仕事を両立してイキイキと働き、会社もますます成長する」 という理想通りにいかないことも多く、育児復帰を巡って様々な問題が起きます。 育児復帰をめぐる課題について会社としてどのように対策ができるでしょうか。 典型的な問題 育児休業からの復帰を巡って起こる問題と...

夏休みを有休消化扱いにしていいか

夏休みを有休消化扱いにしていいか

夏季休暇の時期になりました。 通常はお盆、または7月から9月くらいの間で夏休みを取りますが、 人員不足などの事情から夏休みと別に有給休暇を与える余裕がないこともあります。 夏休みを有給休暇消化として扱うことはできるでしょうか。 休日と休暇の違い そもそも、「休日」と「休暇」は法律上明確に異なります。 休日とは労働義務のない日を指し、休暇は労働義務がある日だが、 申請により労働義務が免除されるものを指します。 休...

LINEでの退職連絡はありか?

LINEでの退職連絡はありか?

働き方の多様化とコミュニケーションツールの進化に伴い、 社内のコミュニケーションも日々変化しています。 一昔前は考えられなかったLINEなど新しいデジタルツールでの情報交換も、 今やそれほど珍しくはありません。 LINEでの退職連絡は「あり」 法律上は以下の民法に規定されているように、 退職連絡の「時期」については規定されていますが、 「方法」については特段の制限がありません。 民法第627条  当事者が雇用の期間を定め...