20年・30年後も
勝ち続ける強い
会社づくりを支援
豊島区池袋の社会保険労務士 大塚労務事務所
無料相談

よくある質問(労務管理)

QA一覧(賃金)

 
Q33. 遅刻2回で1日欠勤とし、1日分の賃金をカットとしてもよいですか?
A.   出来ません。※但し、遅刻、早退した時間によります。 例えば、1回目に1時間、2回目に30分の遅刻をしたとします。そうすると、2回で1時間30分の欠勤となります。この場合に、この1時間30分の欠勤に対して1日分(1日8時間労働なら8時間分)の賃金を控除することはできません。あくまで、欠勤した1時間30分に対する賃金の控除でなければなりません。
この場合は、就業規則で記載した「罰金」や「減給」として対応しましょう。

[▽]よくある質問
[▽]無料相談/お問合せ


社労士大塚の業界No.1への道

助成金ガイドプレゼント

venturelog100