20年・30年後も
勝ち続ける強い
会社づくりを支援
豊島区池袋の社会保険労務士 大塚労務事務所
無料相談

よくある質問(労務管理)

 
Q6. 試用期間中であれば、いつでも解雇できますか?
A.   出来ません。 解雇理由が有効か無効かどうかは別として、採用後14日(暦日数)を超えている場合は、解雇予告手当を支払うか、30日前までに解雇予告を行わなければなりません。従って、例え試用期間を3ヵ月としていても14日を過ぎての解雇は、手当の支払いか予告が必要となってしまいます。
逆に言えば、14日以内なら予告や手当の支払いは不要です。
それでは何の為の試用期間かと納得出来ないという経営者が多いですが、対策としては、如何に採用時に見極めるかです。
当事務所では、問題社員を排除する面接の方法・ツールの提供等を通し、ご指導させて頂いております。

[▽]よくある質問
[▽]無料相談/お問合せ


社労士大塚の業界No.1への道

助成金ガイドプレゼント

venturelog100