20年・30年後も
勝ち続ける強い
会社づくりを支援
豊島区池袋の社会保険労務士 大塚労務事務所
無料相談

よくある質問(就業規則)

 
Q9. 就業規則は自社で作成することができますか?
A.   勿論可能です。 但し、雛型や他社の就業規則に数字を入れ替えたものを自社の就業規則とするならば、危険です。
というのも、就業規則とは経営者が従業員に対するメッセージです。
会社の理念・目標等を反映させていますので、理念・目標そして現在会社が置かれている状況や業種等によって大きく変わってきます。
そういった点が、全く同じ会社の就業規則であれば、ほぼ問題はないのかもしれませんが、そういったことはほとんどありません。
例えば、女性社員が核となる会社であれば、そういった人材の採用や定着率を上げるためにも、子育て支援などの福利厚生を充実させるでしょう。
また、設立間もない会社と、ある程度の売り上げ目標等を達成したことで、次の成長段階へと進む会社とでは大きく変わってきます。
設立間もなければ、少数精鋭で歩合給を厚くすることでモチベーションを維持できるかもしれませんが、一定規模になってきたら大きな成果は得られなくても、与えられた職務を全うする様な人材も必要になってきます。そういった人材には、歩合より安心して長く務められる安定した会社であることが重要であることが多いのです。

[▽]よくある質問
[▽]無料相談/お問合せ


社労士大塚の業界No.1への道

助成金ガイドプレゼント

venturelog100