20年・30年後も
勝ち続ける強い
会社づくりを支援
豊島区池袋の社会保険労務士 大塚労務事務所(用語集/あ行10)
無料相談

用語集(あ行)

 

打切補償

労働者が業務上で負傷・疾病にかかった場合、療養開始後3年を経過しても負傷または疾病が治らない場合においては、平均賃金の1,200日分を支払うことで、その後の補償を免れることができること。
本来、業務上の負傷や疾病にかかった場合、その休業する期間は解雇することができません(解雇制限)が、労働者の休業が長引くと使用者の負担も大きくなります。
そこで、上記の額を支払うことで、解雇制限を解除できるようにすることでその負担を軽減することを目的としています。

[▽]用語集
[▽]無料相談/お問合せ


社労士大塚の業界No.1への道

助成金ガイドプレゼント

venturelog100