20年・30年後も
勝ち続ける強い
会社づくりを支援
豊島区池袋の社会保険労務士 大塚労務事務所 (用語集/は行10)
無料相談

用語集(は行)

 

フレックスタイム制

1箇月以内の一定期間(清算期間)の総労働時間を定めておき、従業員がその時間の範囲内で各日の始業時刻と終業時刻を自主的に決定して働くことのできる制度のこと。
一般的なフレックスタイム制においては、コアタイムとフレキシブルタイムというものがあります。
コアタイム・・・1日において必ず勤務しなければならない時間帯のこと。
フレキシブルタイム・・・出社と退社の時刻が従業員にゆだねられている時間帯のこと。
つまりは、定められた時間(フレキシブルタイム)内であれば、自由な出退社が可能となります。
フレックスタイム制を採用するには、
1箇月以内の一定期間(清算期間)
清算期間中の総労働時間
1日の標準労働時間
などを定めることが必要です。
その清算期間を平均して、1週間の労働時間が法定労働時間を超えなければ、1日または1週について法定労働時間を超えて労働することができます。

[▽]用語集
[▽]無料相談/お問合せ


社労士大塚の業界No.1への道

助成金ガイドプレゼント

venturelog100