20年・30年後も
勝ち続ける強い
会社づくりを支援
豊島区池袋の社会保険労務士 大塚労務事務所(用語集/な行3)
無料相談

用語集(な行)

 

任意継続被保険者

会社を辞めた後でも引き続き健康保険の被保険者となることができる者のこと。
健康保険の被保険者が退職や解雇によって、適用事業所だった会社を辞めた場合、本来は退職とともに健康保険の被保険者の資格を失うことになります。
しかし、一定の要件を満たした場合においては、 引き続き被保険者となります。

①資格喪失日(退職日の翌日)まで継続して2カ月以上被保険者であったこと

②資格喪失日(退職日の翌日)から20日以内に任意継続被保険者となるための届出をすること

ただし、任意継続被保険者となれる期間は、資格喪失日(退職日の翌日)から2年間です。
また、通常事業主と従業員が折半して納付していた保険料は、退職しているため全額を納付しなければなりません。また、正当な理由もなく、保険料を滞納した場合は納付期日の翌日に任意継続被保険者の資格を失ってしまいます。

[▽]用語集
[▽]無料相談/お問合せ


社労士大塚の業界No.1への道

助成金ガイドプレゼント

venturelog100