20年・30年後も
勝ち続ける強い
会社づくりを支援
会社設立助成金/起業助成金なら助成金積極活用の大塚労務事務所(用語集/さ行4)
無料相談

用語集(さ行)

 

事業場外みなし労働時間制

1日の労働時間の全部または一部を事業場の外で業務に従事する場合、その日については所定労働時間の労働があったものとみなす制度のこと。
事業場の外で労働する場合、使用者の具体的な指揮監督が及ばないために、労働時間が算定しにくい場合に適しています。
例えば、外回りの営業職といった場合、会社を離れての業務であるから、上司(使用者)の目が届かず、正確な労働時間が把握できないということがあります。そういった場合にその業務の遂行に通常必要とされる時間の労働があったものとしようとすることです。
社外業務に関する労働時間を定めた労使協定があるときは、労使協定で定める時間の労働があったとみなされます。
但し、その時間が法定労働時間以下である場合には、その労使協定を所轄労働基準監督署長に届け出る必要はありません。

[▽]用語集
[▽]無料相談/お問合せ


社労士大塚の業界No.1への道

助成金ガイドプレゼント

venturelog100