20年・30年後も
勝ち続ける強い
会社づくりを支援
豊島区池袋の社会保険労務士 大塚労務事務所(用語集/た行9)
無料相談

用語集(た行)

 

賃金支払いの5原則

賃金の支払い方法について定められた5つのルールのこと。

①「通貨払いの原則」
例外として労働協約に別段の定めがある場合は現物支給することができます。たとえば、労働協約に定めがあれば通勤費に代えて定期乗車券の現物を支給することができるということです。

②「直接払いの原則」
たとえ、労働者の委任を受けた親権者等であっても賃金を支払うことはできません。
ただし、労働者の使者に支払うことは差し支えないとされています。

③「全額払いの原則」
しかし、所得税の源泉徴収など法令に別段の定めがある場合などは賃金の一部を控除して支払うことができます。

④「毎月1回以上払いの原則」
但し、賞与などは例外とされています。

⑤「一定期日払いの原則」
一定期日とは、その期日が特定される日をいいます。
末締めの翌月10日払い などであれば、翌月10日がその日となります。
ちなみに毎月第4土曜日などの期日が特定されない日は支払日とは認められません。

[▽]用語集
[▽]無料相談/お問合せ


社労士大塚の業界No.1への道

助成金ガイドプレゼント

venturelog100