4月からの残業上限規制の注意点|コラム|コラム|豊島区池袋・新宿の社会保険労務士業務は大塚労務事務所|助成金・就業規則等はお任せ下さい

tel:0120828316 メールお問い合わせ

コラム

HOME  > コラム  > コラム  > 4月からの残業上限規制の注意点

4月からの残業上限規制の注意点

ニュースなどで「今年4月から、法律で残業の上限が決められる」と聞いたことがある方も多いでしょう。
ただ、今の時点では具体的な内容についての理解が追いついていないように思います。
以下、4月からの残業上限のルールと計算方法について解説します。

対象企業
まず、上限規制の対象ですが、2019年4月から対象となるのは大企業に限られます。
中小企業(業種ごとに資本金等または常時雇用する労働者数によりその範囲を定める)は翌年2020年4月から対象となります。

何がどう変わるか
法改正により、原則1週間40時間・1日8時間という法定労働時間を超えて働かせる場合の残業時間数に上限が設けられます。

従来残業上限は法的拘束力のない告示による定めのみで法律条文に定めがなかったところ、
今回「罰則付きで法律条文に明記される」という変化がありました。

2階建ての上限規制
残業上限規制は2階建てになっています。
まず
「(1)上限時間数を原則、1ヶ月45時間、1年360時間
(1年単位の変形労働時間制を適用する場合1ヶ月42時間、1年320時間)」とし、

(1)を超える特別な事情があるときでも
「(2)1年720時間、単月では100時間未満(休日労働含む)、
 かつ2~6ヶ月の全ての平均で80時間以下(休日労働含む)を限度とする」よう規制されます。

残業上限規制は今後労働基準監督署の臨検調査の中心課題になっていくことが見込まれます。残業が多い場合、早めの対策をしていきましょう。

詳しくはこちらまで。初回無料相談実施中!
0120-82-8361[豊島区池袋・新宿区の社会保険労務士 大塚労務事務所 担当:大塚]
http://www.sr1-otuka.jp/contact/