ハラスメントの傾向と対策|コラム|コラム|豊島区池袋・新宿の社会保険労務士業務は大塚労務事務所|助成金・就業規則等はお任せ下さい

tel:0120828316 メールお問い合わせ

コラム

HOME  > コラム  > コラム  > ハラスメントの傾向と対策

ハラスメントの傾向と対策

パワハラ防止法が成立したり、厚生労働省がパワハラに関する情報
サイト「あかるい職場応援団」を開設したりといった動きから、世
間ではいっそうハラスメントへの関心が高まっています。
SNSなどの発信ツールも充実しているため、ハラスメントの炎上リ
スクが具体化すると企業経営に大きく影響を及ぼします。
以下、ハラスメント行為をタイプ分けし、企業としてどのような対
策ができるかを考察します。

会社ができること
ハラスメント行為者に厳正に対応する姿勢や周知による抑止、相談
窓口の設置などはもちろんですが、予防のためにはフィードバック
機能の整備
人員適正配置も検討できます。

【1.フィードバック機能の整備】
(1)(2)(5)(6)などの自覚のないハラスメント行為者に対して、「あ
なたの言動はハラスメントの可能性があるように見える」
と中立的
なフィードバックを与えることで、問題の深刻化を防ぐことができ
るかもしれません。

【2.人員適正配置】
(3)(4)などについては、部署異動や業務配分を変えることで予防効
果が見込まれます。

セミナー実施
パワハラ防止法では、事業主に対して研修を実施するなどしてパワ
ハラ防止に努めるよう求めています。
この機会に社内でハラスメントについて研修を行い、予防をしまし
ょう。また、公平で中立なハラスメント相談窓口を設置し、くすぶ
っている問題が深刻化しないように対策することも検討しましょう。



詳しくはこちらまで。初回無料相談実施中!
0120-82-8361
[豊島区池袋・新宿区の社会保険労務士 大塚労務事務所 担当:大塚]
http://www.sr1-otuka.jp/contact/